ケイ ケイ
2018.08.06

Requeのオススメ便利機能 ~ユーザーのCSVインポート機能~

Requeのオススメ便利機能 ~ユーザーのCSVインポート機能~

こんにちは、ケイです。
今回はRequeのオススメ便利機能ということで7月のアップデートで追加されたユーザーのCSVインポート機能の使い方や活用方法について説明していきたいと思います。

ユーザーのCSVインポート機能について

今まで画面上からユーザー情報を入力してからの登録となっておりましたがユーザー情報をCSVファイルにまとめればCSV形式でのインポートができます。

使い方

  1. まずはCSVファイルを用意します。
    下記のようなユーザー情報を入れたい場合
    (項目名)氏名氏名(カナ)所属メールアドレス登録方式
    (例)利休太郎リキュウタロウエンジニアrtaro@reque.jp1

    利休花子リキュウハナコデザイナーrhanako@reque.jp
    CSVファイルは下記のような形式で用意してください。

    "利休太郎","リキュウタロウ","エンジニア","rtaro@reque.jp","1"
    "利休花子","リキュウハナコ","デザイナー","rhanako@reque.jp",""

    ※各項目を「"(ダブルコーテーション)」で囲んでください。
    ※登録方式を「1」にすると仮登録ありでの登録となり、空白だと仮登録なしで登録されます。
    上記の場合だと利休太郎さんが仮登録あり、利休花子さんが仮登録なしで登録されます。
  2. CSVファイルが用意出来たら画面の方にアクセスします。管理ページ、一般ページ共に用意しております。
    管理ページの場合はサイドナビの「一般ユーザーCSVインポート」をクリックします。


    一般ページの場合は管理権限を与えられているユーザーしか利用できませんが右上のユーザーアイコンをクリックし「一般ユーザーCSVインポート」をクリックします。


  3. 「一般ユーザーCSVインポート」画面で「ファイルを添付」をクリックしCSVファイルを選択します。


  4. 「CSVインポート」ボタンをクリックするとユーザーのCSVインポートは完了です。

活用方法

Requeを利用するお客様の中では登録対象者をまとめたエクセル等をもらいそこからまとめてコピー&ペーストで登録する方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ユーザー数にもよりますがそういった場合にはいただいたデータをCSVに整形して登録した方が早いかと思うので、是非CSV登録を利用してみてください。

ケイ